【開催中】世界をつなぐやきものー陶磁器、遥かなる旅路。

本庄早稲田の杜ミュージアムの早稲田大学展示室で、「世界をつなぐやきもの-陶磁器、遥かなる旅路。」展を開催します。

早稲田大学は1978 年から1985 年にかけて、エジプトのアル=フスタート遺跡で発掘調査を実施し、出土品の一部が本学に所蔵されています。この遺跡からは龍泉窯や景徳鎮窯など、中国でつくられた陶磁器が大量に出土しており、中国からはるか北アフリカまでを結んだ東西交易海路の存在を物語っています。また、會津八一記念博物館に寄贈された株式会社小野測器の初代社長を務められた小野義一郎氏が蒐集された世界各地で作られた陶磁器類のコレクションを通して、アフリカ・西アジア・東南アジア・中国を経て、はるか日本までつながる壮大な「陶磁の道」を辿ります。

やきものを通じて世界がつながるようすをご覧ください。

 

会期 令和3年1月26日(火曜日)~8月29日(日曜日)
※一部展示替えのため5月10日(月曜日)~14日(金曜日)は休室。

会場 本庄早稲田の杜ミュージアム 早稲田大学展示室

休館日 月曜日(休日の場合は翌日)

開館時間 午前9時〜午後4時30分

入館料  無料

「世界をつなぐやきもの」展チラシ(表)

「世界をつなぐやきもの」展チラシ(裏)

世界をつなぐやきもの展ポスター

 

このページの先頭へ戻る