【開催中】企画展「山内清男の考古学」

「日本先史考古学の父」として知られ、研究業績と教育に圧倒的な評価を持つ山内清男博士(1902-1970)。
山内清男博士は先史考古学の方法論を確立するとともに、縄文時代研究を科学的に体系化し、日本の考古学界に大きな足跡を残しました。
本企画展示では、博士が考古学と共に歩んだ足跡を、資料に沿って辿ります。

 

期間  令和3年12月7日(火曜日)~令和4年5月29日(日曜日)

会場  本庄早稲田の杜ミュージアム 早稲田大学展示室

開館時間  午前9時~午後4時30分

休館日  月曜日(休日の場合は翌日)・12月27日(月曜日)~1月3日(月曜日)

入館料  無料

※会期中一部展示替えを行います。

企画展「山内清男の考古学」ポスター

企画展「山内清男の考古学」チラシ

このページの先頭へ戻る